NEWS&BLOG

2021.4.21

おおがゆきこ

ハダトコ新メンバーの私も

もう1年が経ちました!

改めて私のことも。

 

大賀夕起子 35歳 A

1985107日誕生!

 

 

自由過ぎる母、無口な父、何でも出来る姉、丸顔の私。

たくさんの動物たちと暮らす日々でした。

丸顔は昔からです。

 

人格は幼少期にどう過ごしたかで決まると聞いたことがあります。

 

私の小さな頃の思い出は

「よねこ」と名付けたカンガルーのぬいぐるみとおままごとをしていた事や、これは現実なのか夢だったのか今では曖昧だけど当時住んでいた社宅の階段から勢いよくかけ降りてひとりでよく空を飛んでいた事。

 

よねこってダサすぎるネーミング。

当時はかなり気に入っていました!

お腹にはポケットがあって、

ベイビーちゃんがいつも一緒でした。

でも、その子がいなくて毎日探していたのが

小学生低学年頃の思い出。

 

小学1年生の3学期、二川へ引っ越しました。

 

転校生って、地元感なさすぎて地元愛なさすぎて

ふーんって感じでそのまま二川中学校へ。

 

ふわふわしたまま小中学時代は終わりました。笑

勉強は出来なくて、美術だけ5って感じの成績でした。

 

訳もわからないまま高校受験が終わり、

豊橋西高校へ入学。

激しめの友達がたくさん出来て毎日笑い転げて過ぎ去りました。

私が高校生の頃はギャルか、お姉系ファッションが人気でモテていたけど、私はコテコテの古着っ子。

今はなきZipperが愛読書でした!

 

古着が好き

オシャレが好き

ただそれだけの理由で中部ファッション専門学校へ進学。

高校生のなごりでダラダラ過ごす日々の中、

2年生の時、メイクの授業である先生に出会った!

犬塚千津子先生。

あー私メイクが好きなんだぁ。

と、そこから私は美容の世界へ入りました。

 

専門学校卒業後、資生堂販売名古屋支店の美容部員として20代は全力で仕事をし、それでも何か満たされなくて

友達とファッションショーを企画したりして

クラブイベントをしていました。

 

何が好きなのか、幸せなのか、感情すら分からなくなり、全て無くしてしまえー!30歳手前で仕事を辞めました。

 

それからは色々な仕事を経験した事はとてもいい思い出!

ダンサーの衣装製作、美容室、カフェでのアルバイト、専門学生への講習、夜のお仕事、車関係の設計アシスタントなんかも。

 

2015年、7歳年下の彼と電撃結婚、

その2年後に出産を経て、

やっぱり美容が好きだなとフリーでメイクの仕事をし始めて資格なんかも取得して、

さて!これからどうしようかな..と考えている時に羽田さんからお誘いがあり、今に至ります。

 

学生時代に勉強をしてこなかったせいなのか、

今になって知りたい事や学びたいことがたくさんあります。

 

 

激しく変化する私の人生。

今後の人生もっと激しく楽しくなる予定です。

 

今日はオープンキャンパスへ行ってきます!

 

目指せ!スーパー主婦

 

 

© Hadatoco All rights reserved.